本文へスキップ

わたしたちは「老後に生きがいを」を目標にして、楽しくうるおいのある生活の場づくりをめざしています。

電話でのお問い合わせはTEL.082-878-8005

〒731-0144 広島県広島市安佐南区高取北1丁目17-41

令和元年度 ごあいさつ 〜 各施設での取り組み 〜

慈光園統括園長 藤井紀子

統括園長 藤井紀子      

 新しい年度を迎え、元号が平成から令和へと変わりました。
 慈光園では、大正・昭和・平成と生き抜き令和の時代を迎えられた方々への支援をさせていただいております。
 振り返ってみますと、大きな災害や戦争の時代も含め皆さん家族のため日本のためと歯を食いしばって頑張って来られた方々です。
 この方々が今日も生きていて良かったと思って日々過ごしていただくことが、その他の方々も良い日だったと暮らされることにつながると思います。
 本年も努力したいと思います。どうぞご指導ご支援よろしくお願いいたします。


上安慈光園園長 藤井尚三郎

上安慈光園園長 藤井尚三郎

 昨年まで他チームを圧倒していたカープが、春先には目を覆わんばかりの情けない試合を連発し、一時は「優勝確率0%」「今年は最下位」などといわれました。核となる選手が去り、他チームが「打倒カープ」で研究や練習に励んだこともあるのでしょうが、カープの選手も当たり前にできていたことができなくなっていました。あまりの変わり方に愕然とされた方も多いのではないでしょうか。
 我々にも起こりうることです。選手に慢心があったかどうかは分かりませんが、「続けることの難しさ」を胸に留め仕事をしていきたい、と思いました。
 ちなみに私は「それ行けカープ」を球場で歌うと、自然と涙があふれるようなカープファンで、今年も優勝すると思っています。
 今年度もよろしくお願いいたします。


石内慈光園園長 相本伸一

石内慈光園園長 相本伸一

 毎年、近隣の保育園・幼稚園、小・中学校の子供たちが訪問や職場体験として、石内慈光園を訪れてくれます。
 また、当園前の石内旧道は通学路となっており、学校帰りの生徒さんが、玄関先のベンチで談笑したり、公衆電話から家族に送迎の連絡をするといった光景が日常となっています。私の娘と同い年で中学2年の彼は、部活帰りに仲間と訪れベンチで一休みしていきます。私との、たまの会話は一言二言程度ですが、表情や態度は、この一年での大きな成長を十分に感じさせてくれます。これからも蔭ながら見守っていきたいと思います。石内慈光園は皆様とのご縁を大切に思っています。どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。


東原慈光園園長 佐々木才子

東原慈光園園長 佐々木才子

 介護保険がスタートした「平成」が、この春 幕を閉じました。昨日まで「昭和」を懐かしんでいたのに、既に「平成」が終わり新年号「令和」が始まります。平成元年に3千人を超え驚いていた100歳以上の方は、昨年7万人を超え、この30年で20倍以上もの急増、福祉や介護の情勢も大きく変動しようとしています。 東原慈光園では、今年度も皆様との縁を大切に、新しい時代の風を取り入れながら、より一層こまやかで質の高いサービスの提供に努めて参ります。「平成」に引き続き「令和」もどうぞよろしくお願い致します。  


shop info店舗情報

社会福祉法人慈光会

〒731-0144
広島県広島市安佐南区高取北1丁目17-41
TEL.082-878-8005
FAX.082-878-8037

慈光会