ユニット紹介


      特別養護老人ホーム石内慈光園では、平成13年11月よりユニットケアに

    取り組んでいます。

      常に、慈光会の理念である「老後に生きがいを」を念頭に、ご利用者

    お一人お一人に「生きがい」を感じていただけるケアを目指して、日々試行

    錯誤を続けています。





構成 在園者:10人 ショート:4人 スタッフ:5人
個室:6部屋、4人部屋×2部屋 計 14床
特徴 唯一、個室があるユニットでショートの個室希望者は多く、何時も
予約で一杯です。グループホーム的な4人部屋は、リビングから
中庭が眺める事ができ、時間の流れもゆったりと何時もご利用者
のペースに合わせて、ご希望を聴きながら余暇活動を楽しんで
いただけるよう工夫しています。
手作りクラブ キッチンのあるのを活かしながらお好み焼きを焼いたり、手作りの
小物を作ったり、ご利用者の要望に沿いながら月々のクラブを計画
しています。
行事 そうめん流しは、今やふくろうユニット恒例の行事となりました。
この時ばかりは、何時も静かなユニット内も大賑わいです。



構成 在園者:19人 ショート:1人 スタッフ:5人
4人部屋×5部屋 計 20床
特徴 一番人数が多く、自立度の高いユニットです。その為、ADL・認知
症の開きも大きく、人間関係の調整に、居室内にテーブルを置いて
静かに読書や書き物に取り組める環境を整えたりと工夫しています。
お楽しみクラブ 月に一回、利用者の意見を取り入れながら、季節感のあるおやつを
作ったり、ちぎり絵などの作品作りに取り組んでいます。
行事 焼き芋大会は、ひだまりユニット恒例の芋掘りからスタートします。
皆さん美味しい焼き芋に舌鼓、幸せも膨らむ行事です。


構成 在園者:10人 ショート:2人 スタッフ:6人
2人部屋×2(1部屋は畳部屋)   4人部屋×2 計 12床
特徴 唯一、畳の部屋があるユニットで、畳の部屋を希望されるショートの
ご利用者もおられ喜ばれています。大小沢山の居場所を設け、
ご利用者が各々のペースで生活できる環境作りに努めています。
グルメクラブ 食いしん坊の多い?もみじユニットでは、お菓子を食べながら喫茶
店の雰囲気を味わっていただいたり、畳の部屋で抹茶をたてて
俳句を詠んだりしています。
行事 ビデオ鑑賞では、なつかしのビデオを鑑賞しながら泣いたり笑ったり、
でもポップコーンの方が1番の楽しみだったり。また、花火大会は
もみじユニットの恒例行事となりました。



構成 在園者:10人 ショート:2人 スタッフ:5人
4人部屋×3 計 12床
特徴 身体的に重度の方が一番多いユニットです。車椅子で過ごすのも
長時間は難しく、居室で過ごす時間が長い方が多いので、それなら
居室に居場所を作ろうと、居室にテーブルを設け動ける方が遊びに
来て、一緒におやつを食べたりゲームをしたり、どんなに重度になら
れても社会交流の機会を持ち続けられるように努めています。
なごみくらぶ ある時は、社会勉強といって近所のお店まで買い物に行ったり、
理科の勉強といって散歩をしながら花を見る。紙芝居も好評でした。
行事 音楽鑑賞はしみじみと、忘年会のユニット対抗では、手作りの楽器
で演奏も披露しました



構成 在園者:4人 ショート:8人 スタッフ:5人
4人部屋×3 計 12床
特徴 3部屋のうち2部屋がショートステイの部屋、とショートのご利用者が
一番多いユニットです。そのため、ショートのご利用者のご要望に
沿えるよう、職員間の意見交換や情報収集はもとより、家族・他部署
との連携を密に、常に安全と快適を心掛けています。
おんぷクラブ 様々なショートのご利用者に楽しんでいただけるよう、音楽をクラブ
活動に取り入れました。カラオケは何時も大人気です。
行事 どの行事でも、思い掛けない新しい発見を、皆さん何時も見られない
表情を見せてくださいます。



戻る    最初の ページ